2022年7月:鹿児島市の甲突川のスッポン釣り

2022年7月某日、鹿児島市の甲突川にウナギ釣り&スッポン釣りに行きました。今回の記事では、ウナギ釣りやスッポン釣りについて紹介したいと思います♪

ウナギ釣り&スッポン釣りの仕掛け

〇投げ竿+スピニングリール(道糸5号前後)

〇餌(鮎の切り身)

〇ビニール袋+クーラーボックスなどの持ち帰り道具

〇(スッポンの場合は脱走しないように)持ち帰り用の丈夫な袋

スーパーでエサを確保

釣りに向かう前に、スーパーなどで餌になる鮎を購入します。

エサに使う時には、3枚におろして短冊切りにします。

釣り開始♪

現地に着いたら、仕掛けを作って釣りを開始です。

重りは中通しの10~15号。ウナギ針14号を使います。

それでは、早速川に投げ込みます。5~15メートルほど投げればOKです。

ここで、ふと足元を見ると……めだかっぽい魚が泳いでいましたので、ゲット。横からみてみたら、ばっちりメダカでした。

そうこうしているうちに、大きなアタリが!ゆっくり巻くとスッポンが上がってきます。

網で掬うのですが、前足の爪でボロボロにされます。

あ、ちなみにですが、鹿児島市の甲突川で釣りをするには「鑑札(遊漁券)」が必要です。忘れずに、事前に購入しておきましょう。

釣れたスッポンは、脱走しないように布袋に入れます。袋に入れたら、口も縛っておきましょう。

ふと、橋の下から外を見ると……飛行機雲が流れていました。

のんびりとした釣りは、癒されます♪

その後、夜になって「かなり大きなアタリ」がありました。あげてみると……網にギリギリ入るくらいの大きなスッポン!

フラッシュ焚くとこんな感じ。甲羅の幅だけでも30㎝を超えています。

持ち帰って、泥抜きをします。

……川の主が釣れたところで、納竿です。家に帰ります。

甲突川の釣りまとめ

今回の甲突川のウナギ釣り&スッポン釣りは、すっぽん2匹で終了でした。

大きなスッポンがいたせいかウナギは釣れませんでしたが、またポイントを変更してチャレンジしてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました