MIXメダカって何?? 普通のメダカとは違うのかな?……というお話(鹿児島市の徳留アクア工房の場合)

二ホンメダカや変わりメダカ、楊貴妃めだかやみゆきメダカなども耳にしますが、MIXメダカってどんなメダカだろう?――と感じる方も少なくないかもしれません。

そこで今回の記事は、「MIXメダカって、実際はどんなメダカ?」というお話をしたいと思います。

MIXメダカってどんなメダカ?

いきなりですが、結論からお話します。

広い意味でのMIXメダカとは、「二ホンメダカの雑種(品種が固定されていないメダカ)」のことを意味します。犬や猫の「ミックス=雑種」と同じことです。

なお、雑種と言っても、普通の二ホンメダカの品種から生まれたメダカなので、楊貴妃めだかやみゆきメダカなどの変わりメダカと一緒に泳がせても、喧嘩をすることはありません。元々は二ホンメダカが原種となりますので、変わりメダカとの繁殖も可能です。品種が固定されていないだけで、奇形や病気を持っているということもありません。

色々な模様のメダカが安価で楽しめますので、品種にこだわらない方には、かなりお勧めできます。にぎやかな水槽やメダカ池を作ることができます♪

徳留アクア工房のMIXメダカってどんなメダカ?

ここから、少し話がややこしくなってくるのですが……徳留アクア工房では、わざわざ雑種のメダカを積極的には繁殖させていません。やっぱり、綺麗な品種や人気のある品種を繁殖させています。

そして一方で、MIXメダカも販売しています。1袋10匹入って1000円とリーズナブルな価格で、とても人気の商品になっています。

……。あれ、おかしいぞ? となりますよね。わざわざMIXメダカを繁殖させていないのに、MIXメダカを売るくらいある。その理由は、「メダカの品種の固定率」というものがキーワードになります。

例えば、上の写真の「みゆきメダカ♂×みゆきメダカ♀」を繁殖させても、100%綺麗なみゆきメダカが生まれるわけではありません。これは仮の数字ですが――綺麗な銀色になるメダカは60%。残りの20%が銀色ののり方が薄いメダカ(選別漏れめだか)。残りの30%が白っぽいメダカ(MIXめだか)。――という風になります。

この「選別漏れめだか」と「白っぽいメダカ」をMIXメダカとして販売しているのです。みゆきメダカ以外にも、オロチめだかや楊貴妃めだかなども繁殖させていますので、その「選別漏れめだか」や「灰色っぽいメダカ」、「オレンジ色が薄いメダカ」なども含まれます。

もちろん、品種や血統によってこの固定率は違います。例えば、楊貴妃めだかなどは、楊貴妃めだか♂×楊貴妃めだか♀で、ほぼ100%楊貴妃めだかが生まれます。一方で、比較的新しい品種はこの固定率が30%~50%と低いことが多いです。(ダルマめだかなども、固定率はあまり高くはありません)

まとめ・MIXめだかってどんなメダカ?

まとめです。MIXメダカとは、「二ホンメダカの雑種(品種が固定されていないメダカ)」のことです。でも、病気や奇形を持っているわけでは無く、普通のメダカとして元気に飼育を楽しむことが出来ます。品種にこだわらない方には、安価でにぎやかな水槽を作ることができるので、お勧めのメダカです。

また、MIXメダカの中には「変わった模様のメダカ」が生まれることもあります。「色が変わっている」「ひれが長い」「目が小さい」などなど。そんなメダカ同士を上手に繁殖させて、新しい品種が日々作られています。

このような感じで、MIXメダカの楽しみ方は実は無限大なのです。

品種にこだわって飼育するのも良し。MIXメダカを群泳させるのも良し。ぜひ、今年はメダカ飼育を楽しんでみて下さい♪

それでは、また次回の記事で。

タイトルとURLをコピーしました