アフリカツメガエルの元気な飼い方(両生類)

アフリカツメガエルというカエルの仲間を知っていますか?
===
・もともとは、実験動物だったが、一部がペット用や大型魚の餌として流通している。
・冬でも加温や保温をしなくても元気!(冬眠しない)。
・一生を水中で生活する。
・金魚や熱帯魚の餌、イモリの餌など、粒状の人工飼料で飼育が出来る。
・基本的に鳴かない。個体同士で喧嘩もしない。
・口に入るサイズの魚は食べてしまうので、そこだけは注意!!
===
こうして考えてみると、ペットとしても十分可愛い存在だと思いませんか? そんなアフリカツメガエルについて、今回は見ていきたいと思います!!

アフリカツメガエルを購入しよう!

アフリカツメガエルは、一部の熱帯魚ショップやホームセンターなどで購入することが出来ます。
通常の黒~灰色の個体と、アルビノと呼ばれる色素がない真っ白な個体があります。

徳留は、アフリカツメガエル(黒~灰色)を通販にて販売しています。
水草や容器などが付属しない1匹の価格は「480円/1匹」です。容器と水草がセットになった飼育セットは「700円/1匹」と「1080円/2匹」です。
また通販以外にも、右上の「お問い合わせページ」やお電話(070-6610-2903)を頂ければ、せきよしの物産館へ予約出荷(お取り置き)をすることも可能です。

アフリカツメガエルの飼育方法

アフリカツメガエルの飼育には、次のようなものが必要です。
===
【必須】
・プラケースなどの飼育容器(1L以上)
・カエルの餌(金魚の餌などでOK)
・カルキ抜き(水道水の塩素の中和剤)

【あったら良いもの】
・足場になる水草
・エアポンプ
・小型のフィルター
===

水替えは、基本的には1週間~2週間に1回、カルキを抜いた水でしてあげます。(餌の食べ残しなどで水が濁った場合にも、水替えをしてあげて下さい)
餌の量は、1~2日に1回、5㎜くらいの餌を1~2粒与えます。あまりたくさん与えすぎても消化不良や水を汚す原因になりますので、少しずつ与えて下さい。
水温は、九州以下の地域ならば「室内飼育の場合は無加温」で大丈夫です。

アフリカツメガエル飼育の注意点! ※大事※

①逃がさない
アフリカツメガエルは、とても丈夫でとても飼育しやすいカエルです。
しかし、そのため一度屋外に逃げ出してしまうと、外来種として増えてしまう問題を持っているカエルでもあります。飼いきれなくなった時には、「絶対に野外に捨てない」ようにしてください。
(徳留から購入した個体で、飼育しきれなくなった時には、『おといあわせ』から徳留までご相談ください。引き取りなども行います!)

②飼育水はトイレに流す
また、アフリカツメガエルは『カエルツボカビ』というカビの仲間を身体に持っているカエルです。
これは、他の両生類に感染すると死んでしまう原因と言われています(日本の両生類には耐性があるともいわれていますが)。
そのため徳留が販売しているアフリカツメガエルは、『ヒーターでの加温&塩素浴を行ってカビを退治した個体』を取り扱っていますが、念のために「飼育水は下水(トイレ)に捨てる」を徹底してお願いいたします。そのまま庭に撒いたりはしないで下さい。

楽しい両生類飼育のためにも、ぜひ徹底してお願いいたします。

まとめ:アフリカツメガエルを飼ってみよう♪

ここまで、アフリカツメガエルの飼育と飼育の注意点を紹介してきました。
アフリカツメガエルは、「逃がさない」「飼育水をトイレに捨てる」ことさえ守ったら、とても飼いやすい可愛いカエルです。とても丈夫ですし、餌の入手も簡単、鳴かないのでうるさくもありません。ぜひ、興味が湧いたら……飼育してみて下さい♪

タイトルとURLをコピーしました